MENU

わたしたちの想念や概念がこの現実を作っているとしたら

Nature

宇宙は愛でできている。

 

愛とは。

それを知るために、大きな痛みを自らに課している。

痛みを自ら課しているなんて、誰も好き好んでそんなことしないよ。

そうですよね。

でも、あなたが遭遇している「問題」は、

あなたが引き寄せたものだとすると、

先ほど言った、自己処罰的数式があてはまるよねというお話になります。

 

大きな大きな渦に、私たちは巻き込まれようとしています。

それは、二元性の極地。

陰きわまれば陽となる、と言われるように、

二元の極地のすえに、一元の帰することができるのでしょうか。

それは、違うような気がします。

二極の「陰と陽」「光と闇」などと、

二元とは違う。

勝手な解釈ですが、二元が意味するものは、「分離」

「一元」という概念に対して、それを否定するための「二元」が存在しています。

「一元」とは、

元々すべてのものは、創造の源、一なるものであるという「分離がない世界」を示しています。

旧約聖書の創世記では、

私たちが「知識」を身に着けて「分離」をして、

神の声と一体だったことを、

忘れていく過程が、

アダムとイブの話で象徴的に語られ、

私たちの「元型」を示しています。

「源」からほど遠いところに来てしまったなあ。

その「分離」の社会が、現実なんだと「信じ込まされて」教育を受けてきました。

「生きにくい」と誰もが思っていたかもしれない「社会」は、

どのように形作られたのでしょう。

いや、形もないんです。

私たちが、同時に同じことを信じてしまったばかりに、

そのトラップにはまり込んだに違いありません。

 

 

ある日の夢の中に、

老人が現れました。

権力を志向し、誰もが独裁者になろうと望んでいると、

彼は言います。

自分の個の利を求め、他者の犠牲がどうであろうなどどうでもよい、それを正当化するためには、どんな手段もいとわないそうです。

彼は、民を甘い蜜で引き寄せるために、「自由」「理想」をかかげます。

実際に彼は、こころの中で、

自由などという概念は、存在していないと言い切ります。

一見自由にみせかけて、選挙制度や、主義主張、言論の自由などと、

うたいますが、民にいかにそれ(自由)が存在しているかのようにみせるためには、理想を掲げて、「真理」を求める瞑想などというものを、遠ざける必要があったそうです。

二元的な科学の法則を作り、戦いを繰り広げてきたという歴史書も作りました。

無意識のうちに、「欲するものは奪う」欲求と、

罪の意識による行動と結びつけたのです。

人々の意識から「安全」「安心」も奪いました。

誰からも守られることはないことを、

マスメディアで、連続的映像を視覚イメージを、

脳に焼き付けすることで、

潜在意識に叩き込んできました。

民の弱さを強調する記事や作品も多くのパブリッシャーで拡散。

「私たちは力がない」「貧しい」と。

だから、

地位や名誉を欲する、永遠に埋まることのない欠乏感を、

人々のこころに、「不安」「恐怖」の種をまき散らしています。

と、話してくれました。

 

彼が恐れるものは、民の個々の「創造的精神」です。

さらに彼の話は続きます。

「創造的精神」

それを、「必ず失敗する」ことと紐づけたから安心と、、、

 

人々は互いに「欠点」のみを浮き彫りにし、「比較」「評価」します。

これも「自己否定」の結果です。

悪習は大いに助長しがいがありますし、さまざまな欲求も、

芸能、ギャンブルの誘惑と依存で、人間性をさらっていくのです。

ルールをたくさん設けることで、複雑化し、混乱させ、

カオスを作り出しました。

人間同士は、互いに理解しあえないと信じ込まされています。

二元性を極める商工業は、保護され、投機普及することで、

経済を不安定にすることに成功しているそうです。

進歩という名のもとに、実のところは、「本質」は、遠ざけられています。

 

夢のなかの、ある老人の告白でした。

 

世界の歴史が変わるとき。

霊において、宇宙法則において、大いなる流れに身をゆだねると、

日本人が、日本人としてあることが、きっと世界を助けるのでしょう

 

自然は愛でできている、ゆえに完璧。

Nature is perfect,which is love.

170年前西洋文明を受け入れた日本人。

西洋文明(競争)選んだ。

科学、医学の発達。

そのコンセプトは、Nature is not perfect. And should be controlled by human.

2700前、イエス・キリストの登場を預言した預言者イザヤの時代。

すでに国の分裂、侵略、支配によって、多くの人々が犠牲となっていた。

支配者にとっては、「愛」や「完全なる自然」は、

最も恐れられる「敵」。

「恐怖政治」が起こった理由は、そういったものを絶滅する目的にある。

真実の中にある、一者の、神ともいわれる存在は、

個々の魂そのものであるし、それは永遠不滅ののものであるから。

それを知っていることが、すなわち信仰であり、「恐れ」とは無縁の、

「愛」の世界である。

本来の「信」を持った者は、「死ぬ」ことをも恐れなかった。

本当は、「生」も「死」も「闇」も「光」もないからである。

イエス・キリストを信じた最初の信徒は、「死」を恐れていなかった。

日本のサムライや初期の僧侶たちも、同様である。

その「信」は、大いなる源より発したものだから。

 

光をもたらすもの。ルシファーについて。

God father にそむいて地獄へ追いやられてしまった、

バイブルの中では、最高位の天使(神のみ使い)。

実は、ルシファーが示すものは、God mother であるというお話。

Bring Light =ルシファーとすると、聖書に潜在的にある概念は、

「一方が欠如したもの」を示すのです。

聖書といっても、これは、宗教のお話しではありません。

世界の三大宗教といわれるものも、聖書をその母体としています。

人間は、言葉を生み出し、たくさんの概念や思想を作ってきましたが、

元をたどれば、一なるものに行き着くだけのお話しです。

「言葉」そして、それを別々のものと認識して、二極の一方を、

追いやってきたのが、うお座の時代の文明でした。

お父さんは、この社会を一人で築き上げたと、自負します。

「社会」を「会社」に置き換えて考えてもいいですね。

でも、そのお父さんを精神誠意ささえてくれていた「お母さん」に、

感謝をしませんでした。

子供たちは、その両親をみて、

「何か劣るものがある」と感じるのです。

「女性性」を「劣等」としてきた時代を象徴するわたしたちの「元型」です。

 

 

 

 

アダムとイブとエデン追放のお話し。

聖書を歴史書としてとらえるなら、解釈は、

100人100通りあって、その結果、

何を受け取るのか、個々の自由となるわけですが、、、

それを信念体系や教義に結び付けて、形に(物質化)するのも、

分離のうお座の時代には、特徴的だったのでしょうか。

「この実以外だったらすべて食べていいよ!」

と神は二人に告げた。

両親が、子供に、「これは絶対に見ちゃダメ!」と言ったとします。

そしたら、どうします?

だめといわれたものは、見たくなりますよね。

昔話や、神話の中に、たくさん、こういった形が出てきませんか?

実は、最初から神は意図していた。

そう考えるとおもしろいですね。

神は、アダムとイブに「叡智」を与えたかった。

単なる知識ではなく、身をもって知る(体験する)ことが、

大事と考えた。

神の意図は、JUSTICE 、戒律というものにとらわれず、

善悪の判断ができる精神を養うことだったのでは。

両親は、子供に、経験を通して、事の良しあしを、

学ばせる役割を持っていると言えます。

子供にあえて経験させることを通して、

親子の絆が生まれ、子供は、「信頼する」ことを、

携えて人生を歩んでいきます。

親から子に受け継ぐのは、TRUST であり、創造の源から与えられた、

JUSTICE への道ではないでしょうか。

 

へびの象徴するものは、知性。

生きることを知る=死ぬことを知る

どちらも存在しないことを。

生老病死を恐れていては、こころ豊かに生きることができない。

我が子たちを思った母なる神 God mother は、蛇の姿となり、

「この実を食べると死ぬ」と言いつつ、

「お父さんのように強くなれるから」といって諭す。

そして、善悪を知る実を口にするアダムとイブでした。

この話を、口語ではなく、書き物として後世に伝えていくあいだに、

その概念をどうとらえるか、

それぞれの時代の背景や教育や信条が、大きく作用します。

ほんとうは、二極性を通して、対極のもの知ることが、

素粒子の世界でいうところの、

陽子と電子がそれぞれ自由に飛び交う半霊半物質、

中道に生きることの重要性を示しているよう思えてなりません。

二極を行きかう自由な世界を、二元性の分離感は、

善か悪。男か女。光か闇。などと、

私たちが、どちらかを選択しなければならないように、

紐づけていったのでした。

きまりを犯した者は、罰を受ける。

きまりを守る=規律の制定=人が人を罰することができる法

毎日の食べ物のために働かなくてはならない=組合・資本主義・共産主義

すでに見えない刑務所が見えてきませんか?

女性には、出産という大仕事を与え、しかも大変な痛みを伴うことを告げ、(本当は痛みなんてないのに)罰として与えた記述があります。