再び家族に戻るチャンスを与えてくれる介護

介護ってなんでしょう?

家族は社会の最小単位。

家族が一丸となって、ゆるがない精神を受け継いでいたら、

この国も一つの家族として、世界に見本を示せていたかもしれない。

戦後、もっとも恐れられていた「日本精神」は、骨抜きに。

核家族制と欧米生活の上澄みだけを、

教育制度やマスメディアによって、与えられてしまいました。

バラバラになった家族と空っぽの家が、現在、そこかしこにあります。

介護を通じて、家族とはなんだろうと、

現実に起こる様々な事柄から、学ぶことになったのです。

最初は、空っぽの家族関係から始まりました。

それから、年老いていく両親の心の葛藤に寄り添うことで、

家族という大きな細胞のようなものが、

次第にできあがったのでした。